Tien-I高品質インパクトソケット製造の秘密
  • 2016-09-25

Tien-Iのインパクトソケットにおける品質管理や精度管理は他の一般的なメーカーと大きく違うポイントがあります。それはTien-Iがどのようにインパクトソケット部品を鍛造しているかという点です。

 

Tien-Iは両サイドを同時に鍛造するのではなく、片側ずつ鍛造していく製造方法を行っています。鍛造工程ではまず片側を鍛造し、そしてもう片側を鍛造します。

 

同時に両サイドを鍛造する製造法に比べ、片側ずつ鍛造する方法はコストと時間がかかりますが、深い商品においても、より規格、精度を正確にコントロールすることが可能になります。

Forged Impact Socket Tien-I

両サイドを同時に鍛造した場合、差込角の品質を保つことが難しくなります。商品仕様公差をから外れる可能性が高くなり、もう一方でNO-GOゲージでは容易にフィットしてしまいます。これは、インパクトガンを使うときにトルクが不足したり、ガン振動の要因ともなるのです。これが、我々Tien-Iが片側ずつ鍛造をしている理由であり、安定的に高品質なインパクトソケットを供給している理由なのです。

 

Socket_with_drive

高品質インパクトソケットメーカーをお探しであれば、是非経験豊富なTien-Iにお問い合わせください。