天芸ハンドソケットVS.天芸インパクトソケット
  • 2014-11-28

外見の色以外に、天芸のインパクトソケットとハンドソケットは材質と製造程及び目的で根本的に異なります。

 

←米国規格  /  欧州規格→

 

天芸インパクトソケットは比較的高い厚さ肉厚と表面に燐酸マンガンで耐磨耗処理をしているほかに、設計の目的もハンドソケットと根本的に異なっています。簡単に言うと、インパクトソケットはインパクトレンチと一緒に使用するように設計されているため、それぞれのソケットの四角い頭の部分に2つの穴が開けれられていて、ゴム製Oリングを嵌めてソケットが使用中にレンチから脱落しないようにしています。

 

 

 

天芸ハンドソケットは比較的小さな厚さ肉厚で、一般使用者の手動トルクで最大の効果が達成できるように設計されています。大部分のハンドソケットはクロムメッキChrome Platedの表面処理で区別でき、表面は銀色に輝いています。

 

天芸インパクトソケットCR-MOクロムモリブデン鋼VS.天芸ハンドソケットCR-Vクロムバナジウム鋼

天芸インパクトソケットはクロムモリブデン鋼CR-MOを使用しています。インパクトソケットの熱処理は、硬度範囲を小さくして安定させているため、高いトルクでの連続的な使用に適しています。

 

  

 

ハンドソケットはクロムバナジウム鋼CR-Vを採用しています。中炭素鋼の熱処理により硬度を最高にできますが、硬度の平均配分範囲は均一されません。言い換えれば、ハンドソケットはインパクトレンチの高強度かつ連続的な使用に適すように設計されていません。

 

 

インパクトレンチにハンドソケットを使用した場合、不必要なツールの損壊がよく発生し、作業効率が悪くなります。また安全性の問題も発生します。ハンドソケットとインパクトソケットを正しく使うことが、素早く安全に作業を完成させることに繋がります。