トルクとハンドツールの関係
  • 2014-11-12

ハンドツールにとってトルクがどうして重要なのでしょうか?

 

この概念を説明する前に、どうやってトルクを計算するのか、理解する必要があります 右の図に示す通り、トルクは「長さ」×力」です。言い換えれば、作用点目標物から遠いほど、同じ力の場合、トルクは強くなります。てこの原理

トルクの計算式

ハンドツールでトルクを使用する場合、ほとんどがボルトやナットを緩めたり締めたりするのに応用しますボルトやナット自体には一定のトルク荷重範囲があり、ハンドツール自身にも同様にあります。設計では耐えられるトルクに一定の制限があります。この限界を超えると、ナットあるいはツールでも損壊する可能性があります。日本のオートバイのメンテナンスマニュアルを例にすれば、それぞれのボルトにはメーカーが要求する回転トルクが標示されています。

このボルトのトルクに達しない場合、ボルトはきつく締まらず、その結果は想像するだけでも恐ろしいです。しかし、このボルトに設定されたトルクを超過した場合、ボルトには損壊あるいは寿命が短くなる現象が発生します。従って、トルクのバランスのとれたハンドツール設計のポイントになります。

またレンチを選ぶ場合、ツールの長さにも特に注意しなければなりません。通常比較的長いレンチは狭い場所で使用するように設計されています。仮に、このような長いレンチを使用する場合、回転力に特に注意しなければなりません。少々強い力を加えた場合、レンチあるいはナット自体が損壊することがあります。ですから、長ければ長いほど良いというわけではありません

トルクの規格換算表

N-m   欧州の慣用規格

ft-lb    米国の慣用規格

cm-kg 日本の慣用規格

トルク単位換算表