DIYハンドツールと専業ハンドツール
  • 2014-09-15
 

最近よく見かける新しいハンドツールレンチです。これはBone Wrenchと呼ばれていいて、骨のような形のマルチサイズソケットレンチです。これはDIYレベルのハンドツールで、その長所は1本のレンチで多種類のサイズのソケットが応用できることです。

しかし、これらDIYツールと専業分野のハンドツールの違いは、使用する環境の制限、例えば狭小の使用空間あるいは角度によって操作範囲が制限されるため、専業ハンドツールにはそれぞれ異なるサイズにそれぞれの組合せがあることです。

マルチのBone Wrenchは、使用するサイズについて大きなソケットのサイズに変更しなければならないので、このような状況について調整はできません。

また、構造上でも多種類のサイズを収容する必要があるため、耐久性でも減少して、衝撃に弱く、打撃に使用できません。

従って、便利性や環境について独特の区別があります。もちろん異なる市場には常にそれぞれの適応製品があり、市場が区別されるのも当然のことです。