金属加工-CNC旋盤とフライス盤加工
  • 2015-05-04

CNC旋盤とフライス盤加工とは

ほとんど全ての金属設計や金属加工は旋盤と切り離すことができません。近代の精密鍛造や3Dプリントにしても、一部のサイズは旋盤加工をしなければ部品の精度要求に符合しませ

伝統的な旋盤の運用原理は、陶器を作る轆轤に似ていて、高速で回転する円形の金属部品に、人の手で切り込み切削を行う工法です。古代ローマ帝国の時期にすでに旋盤が発明されていたと伝えられています。当時は縄で木材を回転させましたが、人あるいは牛や羊が引っ張って機器を動かし、 職人が巧みな技で旋盤加工の動作を行っていました。産業革命により、大量の金属製品が広範に必要になり、旋盤加工が生産のキーポイントになりました。その後蒸気機関の開発、皮ベルト、歯車の運用を通じて、全歯車式の高速旋盤に進化してきました

天藝傳統車床

 

伝統的な旋盤は100%人力作業だったので、部品の品質水準は加工職人と非常に大きな関係があることが想像できます。職人が昨晩酒を飲んで睡眠不足だと、翌日の旋盤作業の不良率は10ポイントも上がってしまいます

CNC旋盤加工は旋盤加工が次第に進化してきた結果です。CNCは「コンピュータ数値制御」Computer Numerical Controlで、コンピュータメモリと信号入出力を通じて機器の動作を制御します。そしてCNC旋盤加工はコンピュータ数値制御の旋盤加工技術で、CNC旋盤加工コントローラーを利用して、コンピュータと旋盤機がコミュニケーションし、精密かつ大量の旋盤加工を達成して、人為的ミスを防止します

CNC

(出処:Youtube CNC Demo)

CNC金属旋盤加工は大量かつスピーディに安定品質の金属部品を製作できるとも言えます。5年を掛けて10人の専門職人を育成する必要はありません。旋盤カッタープログラムが作成でき、どのカッターを使用するか判断できるエンジニアを訓練して、3名のオペレーターと10台の機械を配置すれば、伝統的な旋盤の生産力を超越できます

 しかし、伝統的な旋盤にも生存の利点があります。CNC旋盤と比較して、伝統旋盤金属加工にも半自動の材料引き出し機を設置すれば、簡単かつ単純な旋盤動作について効率よく金属部品加工が完成できます。CNC旋盤工加工機を1台追加することは、伝統旋盤加工機の価格の3倍から10倍とまちまちですTIEN-I CNC

以下は天芸が提供する金属加工サービスです 

  1. 旋盤金属加工サービスクランプして加工部品を回転させ、カッターは回転しません。単純なライナー移動だけで、旋盤カッターの材料切削を行い、金属部品の丸棒素材を必要な外形サイズにします

  2. フライス盤金属加工サービス旋盤加工の原理と反対です。金属部品はクランプに固定され、フライスカッターが高速で回転して、固定されて動かない金属部品に穴あけ、縁取り、彫刻等の成形加工を行います

  3. 旋盤・フライス盤複合の金属加工サービス現在、CNCでよく見かける機能は、旋盤・フライス盤複合です。簡単に言えば、旋盤とフライス盤の2つを1回で満足させるものです。便利ですが、全てが好い訳ではありません。このような設計は加工速度を犠牲にしています

  4. 総合加工機サービスこの種の工作機械は多くの加工機能を結びつけて、ドリル穴あけ、旋盤、フライス盤等の多様な成形作業ができます。しかし、欠点は高価なことです。しかも作業プログラムの複雑性も高く、専門のエンジニアがいて始めてこの機器を制御できます。これらの高尚なCNC機械で加工する金属部品の長所は、サイズや品質がさらに精確に制御できることです