天芸設計のセンターポンチは5,000回以上使用可能!
  • 2015-07-02

センターポンチは、打ち抜きポンチとも言われ、強化ガラスに引導を渡す者とも冗談で言われる非常に便利な工具です。センターポンチの機能は極めてシンプルです。簡単な機械設計を用いて反作用力を目標の物体上で一気に解放します衝撃力は非常に大きく、鋼板にすら凹みをつけることができるほどです。非常に多くの人が内装や木工の位置決めにセンターポンチを利用しています。

 

天藝中心衝使用示範

 

消防隊は災害救助の際、強化ガラスの破壊のためにセンターポンチを身に着けていると聞いたことがありません? そう、センターポンチは強化ガラスさえも破壊することができるのです。センターポンチは相手が硬ければ硬いほど押し付ける時に生じる反作用が大きくなるので、強化ガラス全体に亀裂を生じさせることができるのです。まさに強化ガラスの天敵と言えるでしょう。

 中心衝使用狀況how to use automatic center punch

 

(実際の使用イメージ図) 

 

センターポンチの原理:

 

オートマチックセンターポンチは1904年ごろにアメリカで開発されました。原理はとてもシンプルで、下の図に示したとおり、赤は金槌の役割、青の小さな鉄柱は力の累積と伝導の役割、最後の緑色の部分は釘のような機能を持ちます。センターポンチを押さえつけると、2つのばねが力を蓄え、最上端に圧力が加わった時、一気に反作用力を解放します。その瞬間の力は非常に大きく、鋼材にさえ凹みを作るほどです。材質が硬ければ硬いほど効果も大きくなります。

 

automatic center punch design principle

(「Wikipedia」より) 

 

天芸はハイレベルの国外市場に向けセンターポンチの設計改良を行い、特別な熱処理と材質の変化によって寿命と安定性をアップさせました使用可能回数は5,000回以上と、他の同様の製品の5倍です。また、センターポンチの構造設計の改良により目飛びを完全になくしました。

 

この新改良センターポンチにご興味のある方、あるいはセンターポンチのカスタムメイドに関するご相談は、当社に直接ご連絡ください

 

Tien-I Automatic Center Punch 5000 times test